文庫幼稚園

2019.12.09

日常

ボール遊び・満3歳クラスの様子

寒さに負けず子どもたちは元気に園庭で遊びます。年長児はボールつきをして遊んでいます。「1.2.3…。」「何回できるかな?」「50回に挑戦!!」少しずつ回数を増やしていけるよう頑張っています。

 

年少児は先生とボール投げをしています。先生が投げたボールを手をいっぱい伸ばしてキャッチします。ボールが両手の間をすり抜けてしまうこともありますが、何回も繰り返すとキャッチできるようになり、それが嬉しく、何度も何度も続けていました。

ミニシクラメン、パンジー、ビオラが色とりどりに咲いています。登園時、子どもたちは「お花いっぱい咲いてる。」「きれいだね。」とつぶやいたり、立ち停まって花に目を向けたりしています。

 

こちらの作品は満3歳クラスがお楽しみ会で親子で作った作品です。いろいろな自然物を使ったケーキは、保育室の棚に飾られています。

 

満3歳クラスの子どもたち、登園するとまず始めに身支度をします。カバンからコップやタオルを出したり、シール帳にシールを貼ったりします。

毎日、先生と一緒にゆっくり確認しながら行い、自分でできることが多くなってきました。温飯器で弁当箱を温めるため、この時期は登園時にカバンから弁当箱を出します。「自分でできてえらいね。」「がんばったね。」いろいろな先生に褒めてもらい自信になっているようです。

サンタやトナカイのお面をつけた子どもたちがそり?!に乗っています。「あわてんぼうのサンタクロ~ス♪」歌いながらすずの演奏をしています。

「エイエイオー!リンリン🎵」友達と同じ場で過ごすことがとても楽しいようです。今日は保育室や園庭で遊んだ後、ホールに行って年長組の劇を見せてもらいました。

劇には、満3歳の子どもたちが好きなバスが登場し、みんな嬉しそうに見ていました。満3歳クラス、今週はどんな楽しい遊びが出てくるのでしょうか。

aaaaaaaaaaaaaaaa