文庫幼稚園

2020.07.02

日常

青空の下で✨

年長組がアサガオ、アジサイ、葉っぱ等で色水作りをしました。

 

青空に向けてみると光が差し込み、より透明感が出て、ハーバリウムのようでした。色水作りを何度も経験している子どもたち、色の濃淡や微妙な色の違いをよく観察しています。自分なりに考えたり試したりして素敵な色ができた時の喜びは大きなものです。

今日は園庭のいろいろな場所でミミズが出てきました。タイヤの下から出てきた大きなミミズを見た子どもたち、「うわ~っ!」と驚きの声があがりました。

生き物の様子を直接見たり、触れたりすることで子どもの興味関心はぐんと広がっていきます。梅雨時期ならではの自然の変化や不思議さを感じている子どもたちの姿や気付きを受け止めていきたいと思います。

 

aaaaaaaaaaaaaaaaaa

年長児がのぼり棒に挑戦しました。今日から登り棒コーナーに人工芝を敷きました。人工芝の上だと、裸足になる時に靴の脱ぎ履きが行いやすくなり、すぐに登ることを楽しめます。固定遊具をはじめいろいろな運動遊びを楽しめるようになってほしいと願っています。

aaaaaa       

 今日から一日保育が始まりました。遊びの時間が長くなり、子どもたちはとても嬉しそうでした。やりたい遊びを十分に楽しめる環境設定をしていきたいと思います。明日はどんな遊びが始まるでしょうか?

年少組がオクラを育てているオクラの花が咲きました。淡いクリーム色の花がとてもきれいです。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaa

aaaaaaaaaaaaaaaaa