文庫幼稚園

2020.02.17

日常行事

一日入園日・ミニミニオリエンテーリング

ウメやヒヤシンスがきれいに咲いています。「このお花、なんだかいい香りがする!」とヒヤシンスに顔を近づける子どもたちもいます。

2月15日(土)は、4月からの新入園児を迎えての一日入園日でした。年中組の子どもたちが、当日までに様々な準備をし、新入園児を迎えました。ゆり、もも組に親子を案内した後、ドキドキしている新入園児に優しく声をかけ、ままごと、塗り絵、ごっこ遊び…等で一緒に遊んでくれました。

遊びの後には、新入園児に向けて、歌や合奏等を見せてくれました。3学期になり、年長組への進級に期待感が出てきている年中児、新入園児の前でも堂々とした姿が見られました。新入園児も保護者の皆様も笑顔がたくさんの一日となり、4月からの園生活が楽しみになったことと思います。年中組の保護者の皆様、土曜日の登園にご協力いただきましてありがとうございました。

本日はミニミニオリエンテーリングでした。木曜日に行われるオリエンテーリングに向けて、矢印を辿りながら、子どもたちだけで歩く経験をしました。

時間差をつけてペアで出発しました。年中・年長組の2人または3人で相談しながら、ポイントを探します。「外側は危ないから、壁の方に入ってね。」年長児が年中児をそっと車から守っていました。

園外を子どもたちだけで歩くということで、緊張感が大きかったと思います。しかし、そのような中でも「幼稚園に戻ったら一緒に縄跳びしようよ。」「いいね。やりたい。」と楽しくおしゃべりしながらニコニコ歩く姿が見られました。

ゴールでシールをもらった子どもたち、「木曜日のオリエンテーリングがんばろうね!」と全ペアが戻ってくるまで保育室で一緒に遊びました。ペアの友達と一緒に過ごす楽しさを感じていることが伝わってきた一日でした。

お手伝いをしてくださいました保護者の皆様、誠にありがとうございました。