文庫幼稚園

BLOG

2021.05.18

日常行事

季節を感じて🍃クワ&サクラの実・ビワ

クワの実が熟しています。子どもたちの登園時間には、地面にたくさん実が落ちています。

透明の容器に入れて、水の中で潰すときれいな色が出てきます。木の枝で実をプシュー…楽しくて何回も続けています。

     サクラの実も熟しています。つやのあるきれいな粒です。

この実でも色水遊びを楽しんでいます。こちらでは、ビニル袋に実を入れて潰して色を出しています。「見て見て!」色が出て嬉しくなり、先生や友達に見せています。初めて経験した遊びは感動がいっぱいです。

今日も砂場は子どもたちがいっぱいです。「きゃ~、気持ちいいね。」「もっと水入れよう!」

 

「あ、いたいた。」アリの巣を発見したようです。「ダンゴムシはあっちにいるよ。」「行ってみよう!」園庭の隅っこに入り、枯れ草をよけてダンゴムシを探しています。ダンゴムシがどんな場所にいるか、子どもたちはよく知っています。

年長組は、幼稚園近隣を歩きました。海を見たり、広場で遊んだりしました。昨年度のオリエンテーリングのことを思い出していた様子も見られました。道を歩く時には、子どもたちが気を付けて左右を見ました。

今日は、年長組がビワを収穫して食べました。駐輪場にあるビワの木です。

子どもたちが1個ずつ手を伸ばして収穫しました。「なんだか、いい匂いがするね。」「美味しそう!!」みんなで、昼食時にいただきました。

各学年、この時期ならではの自然に触れ、楽しい経験がいっぱいの一日となりました。