文庫幼稚園

BLOG

2019.01.11

2019年1月

☆主体的に☆

今日は比較的暖かい一日でした。

元気いっぱいに走り回る子どもたち。中には裸足で遊ぶ年長さんもいたほどです。

自分たちで遊びを見つけ、友達とかかわりながら夢中になっている姿に主体性を

感じます。

昨日参加しました狭山市公私立合同研修会に於いても、『子どもたちが試行錯誤

をする経験が重要である。』というお話がありました。自ら試すことでうまくい

かなかったり、失敗したりすることもあるかもしれませんが、その経験を通して

自分なりに考え、次の遊びへと生かしていくのだと思います。

年少さんも鉄棒、ジャングルジムなどの固定遊具にもチャレンジしています。

 

 

日向ぼっこをしながら、あやとりをしている子もいました。

冬の陽だまりはほっとする暖かさがあります。

午後も体操広場でドッジボールをしたり、自転車に乗ったりしていました。

元気に遊ぶ子どもたちの姿は本当に素敵です。

三角コーンと安全バーを設置しようとしたところ、年長さんが飛んできて「やります

よ。」と言い、重たいコーンを運び出したり、安全バーを持ってくれたりしました。

その優しい気遣いに感激していると、「いつでも言ってください。」という言葉が返

ってきました。設置の最後まで手伝ってくれたので、帰りに改めてお礼を言うと、

「いえいえ、大丈夫ですから。」と、爽やかな笑顔を見せていました。

とても嬉しい出来事でした。