文庫幼稚園

BLOG

2019.07.02

令和元年7月

お母さん先生☆お茶会☆かくれんぼ

今日は有志の保護者の皆様が、保育ボランティアにお越しくださいました。

子どもたちはお母様方に「先生!先生!」と言って慕っていました。

優しいお母さん先生にたくさん遊んでいただきました。

お忙しい中、ご協力いただきましてありがとうございます。

 

ちょうちょのお庭~バタフライガーデン~では、お茶会が催されていました。

じょうろを急須に見立て、丁寧にお水を注いでいます。

「お茶会ですか?」そう声をかけると、「今日のお茶会は8月のお茶会です。」と話してくれました。

8月のお茶会!☕とても素敵な響きです。

 

プランターの淵に蛹を見つけた年長さん。

全体的に色が濃い目に感じます。外敵から身を守るため、プランターの色に合わせたような気がします。

不安定なお天気でプール遊びはできず残念でしたが、好きな遊びはとても充実していました。

雨どいを並べ、そこにお団子を転がそうと試みている年長さんがいました。

何度かチャレンジしましたが、うまく転がりません。

すると、別の素材を使い傾斜をつけようとしていました。滑らかな傾斜がつくように、高さを

調節しながら行っていた姿に感心しました。

子どもたちは遊びの中で頭をフル回転させています。

職員が持参したブラックベリーやヤマモモの実を使って色水遊びを楽しんでいます。

年中さんが自分で道具を選び、丁寧にこしていました。まるで木の実ジャムを作っているような

いい手つきでした。

数人のひよこさんがとても楽しそうに遊んでいました。「鬼をやっつけるんだ。」など話しながら、

それは楽しそうです。

そのことを担任に話すと、かくれんぼをしていたそうです。

子どもたちの遊びのイメージはとても楽しいです。

好きな遊びを十分楽しんだひよこさん。なんとあか組さんは、子どもたち自ら入室し、手洗い、

うがいを済ませ、自分たちでお弁当の支度を始めたのです。これには大変驚きました。

担任、補助教諭、そろそろお弁当にと思っていたものの、まだ声掛けをしていなかったという

ことです。子どもたちは自分たちで遊びの区切りをつけたのです。

十分遊び、その満足感が次への行動に導いたのでしょう。素晴らしい成長です。