文庫幼稚園

BLOG

2019.07.10

令和元年7月

きのこ発見☆にじいろクラブ

今日も曇り空の過ごしやすい一日でした。

子どもたちは自分たちで遊びを見つけ、友達や先生とかかわりながら楽しんでい

ました。

園庭のグリーンをネットに飾っていた年中さん。年長さんがやっているのを見て、

素敵な飾り方を取り入れていました。ネットの穴に差しやすくて、いいですね。

年長さんが「きのこを見つけたから、早くきて!」と呼びにきてくれました。

探検の森に丸みのあるカサのキノコなどが生えていました。

「ほら、ここにもあるよ!同じ形だね。」地面と同じような色のきのこを、うっそう

としている中からよく見つけられるなと思います。子どもたちの観察眼はすごいです。

「これは触らない方がいいよ。」自分たちで声掛けしながら見ていました。

「なんていうきのこかな?」早速、きのこ図鑑で調べていました。

すぐに答えがわからなくても、そこからまた興味関心が深まっていくように思います。

遊びの中で心を動かされる出来事に出会うと、子どもたちは自分たちで考えたり、

調べたりしていこうとします。

今日は未就園のお子さんとその保護者の方を対象としました『にじいろクラブ』を

実施しました。

たくさんのにじいろさんに遊びにきてもらい、嬉しかったです。

親子で踊ったり、ふわふわボールで遊んだりしました。

今日は「ゆかいなくらげくんシリーズ」の紙芝居を観た後、紙皿を使ったくらげを

作りました。

保護者の方にご協力をいただきまして、とてもかわいいクラゲくんができました。

にじいろさんは嬉しそうに見せてくれました。

また、ぜひ遊びにいらしてください。本日はありがとうございました。