文庫幼稚園

BLOG

2020.09.24

2020年9月

ちょっと難しいこと♪

今日は冷たい雨が降ったり、止んだりの一日でした。
保育中は大雨にならず、外遊びも楽しむことができてよかったです。
こっぱ村広場のみかんも大きくなってきました。今年もたくさん収穫できますように。

こちらは廃材を生かした職員手作り製作です。段ボールにいくつか穴を開けて、その中にペットボトルのキャップを入れて遊ぶものです。子どもたちに大人気なため、ニューバージョンになりました。お店屋さんのように購入品カードもあります。
段ボールと広告紙で作ったものなので、子どもたちにも作れそうです。


花手水風の生け花も、新しくしました。子どもたちがよく見に来てくれます。
「いいものがあるね。」と年中さん。いいものとは、赤や黒の実のことでした。
いいもの☆と表現した年中さんの言葉が素敵です。

教育実習生が年長ぞう組さんで、主活動を行いました。
遊びの中で折り紙を折ったり、戸外で鬼遊びをして体を動かしたりしている実態から紙飛行機づくりを行いました。実習生が指導の過程で、「ここからはちょっと難しいよ。」と伝えました。すると、年長さんはよりしっかり聞こうという態度になりました。難しい箇所が出来ると、「出来たよ。」「先生、見て。」とそれは嬉しそうでした。
子どもたちの主体的な参加態度や友達同士支え合う場面、工夫しながら飛ばす姿など、たくさんの成長を感じました。

読書の秋🍂です。絵本コーナーに新しい絵本を置いておくと、年長さんがじっくりと読んでいました。
芸術の秋📓です。積み木で建物づくりなどをしていた年長さん。
「1階はハンバーガ屋さん、2階は焼肉屋さんなんだよ。」と教えてくれました。

午後の園庭です。お弁当後、元気に外遊びが繰り広げられていました。

 

ちょっと難しいこと・・・といえば、ひよこさんがタイヤ転がしにチャレンジしていました。
危なくないように見守っていると、砂場まで方向をコントロールしながら転がす姿には感心しました。
やっと到着すると、砂場には担任がいました。担任に褒めてもらうと、次への意欲が沸いたようです。意気揚々と、再びタイヤがある場所に向かいました。

 

2度目のチャレンジです。ちょっと難しいことが出来た喜びが、またやってみよう!という気持ちにつながったのでしょう。

 

降園前、年長さんが率先して後片付けをしていました。素晴らしいです。