文庫幼稚園

BLOG

2021.02.22

2021年2月

ぽかぽか春の陽気

先日は新入園児さんの一日入園を行いました。元気に登園してきた新入園児さんたちに職員一同心が弾みました。霜でカチカチになった砂場を職員が隅々まで掘り返したり、倉庫にしまっていた三輪車を並べたりして、ワクワクしながら登園を待っていたのです。

お天気もよかったので、体験入園終了後には園庭で遊んだお友達もたくさんいました。
春休みに園庭開放日を設けますので、また是非楽しんでほしいと思います。


今日もぽかぽか春の陽気でした。すでに半袖になっている年長さんがいました。とても気持ち良さそうにしていました。年少さんは砂場で熱心に水をつかった遊びをしていました。

春花壇づくりに子どもたちも手伝っています。
午後の好きな遊びの中で苗を植えたり、水やりをしたりしていました。
お花を大切にしようとする姿勢が伝わってきます。
また、今朝はプランターのお花をじっと見て、「お花がいっぱい咲いていると、ハチやチヨウが密を吸いにやってくるね。」と話してくれた年中さんもいました。素敵なつぶやきに自然大好きな子どもたちだと感じます。

 

絵の具を使って描画を楽しんでいた年長さん。絵を描くのでと筆や画用紙を取りにきました。
2枚目の絵にとりかかっていると、ひよこさんも「やりたい。」と言ってきました。画用紙と筆を手に戻ってきたひよこさん。
テーブルでは年長さんが画用紙を広げています。すると、すぐに場所を譲り、自分たちは椅子をテーブルにして描いていたのです。感動で胸がいっぱいになりました。優しい気遣いのできる年長さんです。

沈丁花のお花がいい香りを放っています。子どもたちはその香りに何度も顔を近づけていました。春の香りです。