文庫幼稚園

BLOG

2021.02.18

2021年2月

春花壇🌷宇宙でかくれんぼ

今日は暦の上では雨水(うすい)です。
大雪予報が出されているところもありますが、雨水(うすい)は雪解けが始まる頃とされています。
日中は暖かい日差しを感じる日も増え、少しずつ寒さが和らいでいくのでしょう。


バタフライガーデンも少しずつ春模様にしています。
鮮やかなお花たちを見て、子どもたちは「お花畑みたいだね。」「わたしはパンジーが好き。大きくなったらお花屋さんになるの。」と話していました。年中さんが園外保育でいただいてきたチューリップから芽が出ているというエピソードも、お母さまから伺いました。

さて、先週開催致しました『作品展』には、保護者の方々にお越しいただきまして誠にありがとうございました。
年長さんが話し合い「宇宙」という壮大なテーマになり、各学年やクラスでロケット、流れ星、宇宙人、UFOを創り上げました。子どもたちのアイデアは素晴らしく、その想像力の豊かさやいきいきと取り組む姿にわたしたち職員は毎日感動をもらいました。
年長さんが学年で作った大きなロケットを中心に、それは素敵な宇宙空間が誕生したのです。
子どもたちのもっている力は宇宙のように無限大です。これからもさまざまな経験を積み重ねながら、自分にしかない良さをたくさん見つけ、一歩一歩成長をしていってほしいと願っています。この空間に佇むと、宇宙のパワー、子どもたちからのパワーをもらえます。

さて、本日は年長さんが集まり2月の誕生会を行いました。
今月は宇宙空間での誕生会です。
誕生日のお友達を祝った後に、職員劇を観ました。
さやま幼稚園の子どもたちが宇宙でかくれんぼをするというストーリーです。
子どもたちは自分たちが創った宇宙でかくれんぼをする先生たちを見て、弾ける笑顔を見せていました。

かくれんぼをした後は、宇宙食のクッキーを食べました。
子どもたちは益々、宇宙へ興味が湧くことでしょう。