文庫幼稚園

BLOG

2018.12.05

2018年12月食育

落ち葉遊び☆みかん狩り

 

今朝は暖かかったのも束の間。冷たい風が吹き、冷え込んでまいりました。

風のお陰でイチョウの葉っぱが舞い、子どもたちの遊びの素材となっていました。

「〇〇ちゃんからもらったの。」と大切そうにイチョウの葉をポケットに入れて

いたひよこさん。イチョウの葉で遊ぶ子が、一人二人と増えてきました。

「花束みたいでしょう。」と、年長さん。

月刊絵本に載っていた落ち葉遊びを思い出し、蝶を作っていました。

 

夢中になって集め、たくさん集めたことを喜んでいました。

 

集めた落ち葉を広告紙で作った袋に入れ、嬉しそうに持ち歩いていた二人。

 

「おいしいね。」「うん、おいしいね。」もぐもぐ、食べている真似をしています。

どうやら、ポテトチップスを食べているようです。

イチョウの落ち葉の形と色から連想したのでしょう。

子どもの感性は本当に素敵だと思います。

年長さん、年中さんが関わり合って、はないちもんめをする姿も見られました。

教師が抜けても、年長さんのリードで長続きしていました。

手を繋ぎ、友達とのぬくもりを感じながら楽しめるわらべうた遊びです。

 

さて、子どもたちも職員もまだか、まだかと収穫を待ち望んでいたみかん狩りを

行いました。

好きな遊びの中で、学年ごとに一人一人が採りました。

 

手の届く範囲は主にひよこさんが収穫しました。

みかんは引っ張っても採れません。実を持って、くるくる回していくうちにねじれて採れます。

すぐには採れないだけに、収穫できた時の喜びはひとしおです。

 

 

 

 

たくさんのみかんを洗うため、ひよこさんが数人で運んでいました。

すごい力持ちでびっくりしました。

みかんは全クラス、明日食べたいと思います。