文庫幼稚園

BLOG

2018.11.30

日常

飼育当番☆年長

 

早いもので、11月も最終日となりました。

子どもたちがとても楽しみにしているみかんが、とてもいい色になってき

ました。

鉄棒をしていた年中の女の子が、「先生、みかんもう食べられそうだね。」

と、目を輝かせていました。冬に咲くジャノメエリカの花も少しずつ花を開

せています。

明日から12月です。冬の気配も感じられるようになってきました。

さて、毎日飼育当番に取り組んでいる年長さんには、いつも感心させられます。

きりんさん、ぞうさん2クラスの子どもたちがやってくると、職員室の一角で

とても静かに、そしててきぱきと飼育用割烹着に着替えます。一人の子どもが

「スモックは名前の方を前にして畳もうね。」と、まるで先生のような言葉かけを

していました。全員が身支度が終わるまで待ち、餌の入ったバットを持ちます。

ひとつのバットを5人で仲良く運ぶ姿も見られました。

やるべきことを仲良く、協力しながらできる年長さんには毎日感動させられてい

ます。

「〇〇くん、こっち掃いてくれる?」「ぼくはゴミを捨ててくるね。」など、自然に

役割分担もできています。

このようにしっかりと役割を果たす年長さんの姿を見て、年少さんも年中さんも学ん

でいるのだと思います。年長さん、いつもありがとう。

幼稚園は来週の子どもたのしみ会を目前に、表現活動が充実しています。

クラスの友達と一緒に歌ったり、なりきったりする活動を楽しんだり、

戸外での好きな遊びものびのび楽しんだりしています。

みんなで行う活動と、好きなことをして遊ぶ時間のどちらも夢中になって取り組

んでいると感じます。

 

 

玄関先から、可愛らしいやりとりが聞こえてきました。

年長さんが「おちゃらか」を楽しんでいたのです。わらべうた遊びは、特別な道具

なくても楽しめることが魅力です。

このように、遊びの中身を見てみるとさまざまな表現が溢れています。

遊びの充実感がまた、表現活動にも反映されているのだと思います。

12月3日、4日の子どもたのしみ会では、子どもたちののびやかな姿が発揮で

きることを願っております。