文庫幼稚園

ごあいさつ まぼり幼稚園 園長 竹山 朋江

輝くまなざしと笑顔があふれる まぼり幼稚園

 笑顔には不思議な魅力があり、中でも子供の笑顔は人を惹きつけ私たち大人を元気にしてくれます。それはなぜなのでしょうか。きっと、子どもの笑顔の先には希望と、明るい未来が見えるからかもしれません。そして、このような未来を感じさせる笑顔は真剣に物事に取り組み、成し遂げた後にこそ輝くと考えます。なぜならその笑顔は、自信と意欲に満ちているからです。
 さて、幼児期は多くの庇護のもとで自立に向かう時期です。その過程において幼児は生活や遊びの中で直接的・具体的な体験を通して、人として生きるための基本となる様々な力を獲得していきます。そこで、幼稚園では教師との信頼関係の元、同年代の仲間との生活や遊びを楽しむ中で、喜びや悲しみ、悔しさなど様々な感情体験を積み重ね、自分の思いを表現することや、自らの感情を抑制することを学んでいくことが重要となります。中でも自分がやりたいと思うことをやり遂げる体験によって自信と意欲が育まれ自発性や自立心といった、人格形成の基礎が築かれるのです。
 このような子供たちの確かな成長のために、本園では自然豊かなのびのびとした環境を生かした、学び豊かな教育環境を充実させ、子供の輝くまなざしと笑顔があふれる幼稚園生活を保障し、信頼と誇りに満ちた「まぼり幼稚園の子どもたち」を育ててまいります。
 また、まぼり幼稚園の教職員は、子供たちへの深い愛情と、熱意をもって幼児教育に力を注いでおり、職員室は先生方の意欲に満ちたエネルギーに溢れています。このエネルギーを確かな指導力に変えて、心豊かな教育活動を実現し、子供の思いを大切に、一人一人が輝けるまぼり幼稚園を創造してまいります。