文庫幼稚園

2016.12.12

日常未就園児

はっちからの手紙(満3歳児学級)・いちご組のお知らせ(未就園児)

12月12日(月)

 

はっちからの手紙(満3歳児学級)

 

満3歳児学級たんぽぽ組の子ども達は、登園してくると自分達の部屋に手紙が来ているのを見つけて、「はっちからの手紙だ!」と大騒ぎをしていました。運動会を一緒に楽しんだ「はっちのくにのはっち」からの久しぶりの手紙です。子ども達は「はっち」のことをちゃんと覚えていて、手紙を見ただけで「はっち」を思い出したようです。

m12-12-1

そして、「はっち」を探しを始めました。どこにも「はっち」がいないことが分かると、どうしたのか心配し始めました。そのうちに「はっち」の好きな花を探して集めておけば、きっと「はっち」が来てくれると今度は花探しを始めました。これも運動会の時に「はっち」は花が好きだということで、花をたくさん集める競技をしたことを思い出してのことです。

ところが花がほとんどなくてがっかりしていましたが、いつの間にか「はっち」の食べ物は小石だということになり、今度は小石探しをするために園庭に出てきました。

m12-12-2 m12-12-3

子ども達は園庭で、一生懸命に小石を拾っては自分の入れ物や先生の持っている入れ物に入れて小石を集めていました。

m12-12-4 m12-12-5

小石だけでなく、大きい石も好きなのではないかと言うことになり、一生懸命園庭を穿り返して、大きな石も集めだしました。大きな石を手に入れると、嬉しそうに見せてくれました。

m12-12-6 m12-12-7 m12-12-8

暫く小石や大きな石探しをしていましたが、そのうちに砂場で遊び始めました。砂場で小石を探しているのかと思って見に行くと、子ども達は小石探しをすっかり忘れて、お弁当箱に詰めた砂の飾りに小石を使って遊んでいました。

m12-12-9 m12-12-10

その後で、部屋に来ていた手紙を皆で読みました。また「はっち」の食べ物のことを思い出して、砂場で作ったお弁当のことを思い出して、それを上げようということになったようですが、年少の子ども達に片づけられてしまったので、新たに「はっち」のために砂で食べ物を作って部屋の前に置いていました。頑張って掘り出した石も置いてありました。

m12-12-11 m12-12-12

満3歳の子ども達は、思い出したり忘れたり、すぐに次のことに気持ちが移ってしまいますが、ちょっとしたことで前のことを思い出し、何の抵抗もなく前の続きが始まります。そんなことを繰り返しながら、いろいろなことを頭にたくさんため込んで、いろいろな力を着けているようです。

 

いちご組のお知らせ(未就園児)

 

いちご組の「お楽しみ会」を下記のとおり行います。お気軽に参加してください。

1.日 時  平成28年12月14日(水)10:30~12:00

2.場 所  まぼり幼稚園ホール

3.内 容

・クリスマス飾りや三角帽子を作ります。

・皆で歌を歌ったり、踊ったりして楽しみます。

・最後に、楽しいお楽しみも待っています。

4.その他

・申し込みも費用もいりません。

・何の準備もいりません。

・上履き、飲み物は各自で用意してください。

・駐車場はありません。