文庫幼稚園

2020.06.29

日常

生き物や野菜に触れて☀

 週明けの野菜や花がぐんと大きくなっていました。年長組の先生と一緒に年少児が水やりのお手伝いをしています。「カボチャができてるよ。」「どこどこ?」「すご~い。」

 

年少組が育てているオシロイバナに年中児が、年中組が育てているキュウリに年少児が水やりをしています。「もっと、大きくな~れ。」他学年が育ている野菜や花に興味をもって水やりをしています。


年中児が園長先生とチョウチョウ探しをしていました。追いかけて捕まえたチョウチョウはツマグロヒョウモンでした。玄関の花壇に幼虫がいたのですが、その後、サナギが見つからず心配していました。きっと、静かな場所でひっそりとサナギになり羽化したのでしょう。蝶になった元気な姿を見ることができほっとしました。ケース越しの撮影となり少し見にくいのですが、鮮やかな黒の模様があります。

 

aaaaaaaaaaaaaaaaa

「ツマグロヒョウモン捕まえたんだね!」「うん!見て見て!」先生やクラスの友達に見せると、「かわいいね。」「お花や葉っぱ入れてあげようよ。」しばらく友達と一緒に見ていましたが、園庭に放してあげることにしました。蓋を開けましたが、なかなか出てきません。「おいで~。」手を伸ばすと子どもの手に止まりました。「ほら、飛んでごらん。」「また来てね。」少ししてから、ふわっと空に向かって飛んで行きました。チョウチョウと子どもの心が通い合ったような心温まる場面でした。

 

aaaaaaaaaaaaaaaaaaa

今日から軽食が始まりました。手洗い、アルコール消毒、マスクを外してカバンに入れること等、先生と確認しながら行いました。みんなで食事をする機会は今年度初めてだったので、子どもたちはとても嬉しそうでした。

aaaaaaaaaaaaaaaaaa

6月も終わりに近づきました。玄関には七夕にちなんだ展示があります。

マツバボタンが色とりどりの花を咲かせています。『ハッピーアワー』という品種です。子どもたち、保護者の皆様に幸せな時間がたくさん訪れますように!!

 

aaaaaaaaaaaaaaaa