文庫幼稚園

2020.07.01

日常

全園児で楽しい幼稚園♫

 今日から全園児の登園が再開しました。園内は子どもたちの元気な声があちこちから聞こえてきました。先生たちは全園児がそろってニコニコです。

保育室前には6月の子どもたちの写真が掲示してあります。ご来園の際にはぜひ各クラスの写真をご覧ください。

玄関そばの絵本コーナー、毎月のおすすめの絵本が今日から変わりました。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

雨の一日となりましたが、各保育室で子どもたちはいろいろな遊びを楽しみました。

満3歳クラスは、先生と一緒に新聞紙遊びをしました。雨に見立てた新聞紙が降ってきたり、先生と一緒にふわっと新聞紙を飛ばしたり…楽しくなってだんだん大きな声が出てきました。

年少組はソフト積み木で遊びました。いろいろな置き方をしていると、長い橋のようになりました。「ワニさんが来るかな~。」「きゃ~。」ドキドキワクワクしながら橋を何度も渡りました。

遊び終わった後は、子どもたちが進んで片付けをしていました。一人で積み木を持ちたい子ども、友達が持っている積み木を一緒に持ってみたい子ども。その思いを言葉で伝えるのは難しいけれど、いろいろなやりとりがあって最後は友達と一緒に積み木を持つことが出来て嬉しい気持ちになったり…。片付けの場面だけでも子ども一人一人の気持ちは様々です。このような経験が友達と一緒に遊んだり活動したりする楽しさにつながっていくのだなと感じました。

 

「次の方、どうぞ」年中児は美容院ごっこをしています。他クラス他学年の友達もたくさん来ました。なりきって遊びながら、子どもたち同士のいろいろなやりとりがあります。

 

年長組は好きな遊びで、ホールを使ってバナナ鬼をしました。鬼にタッチされるとバナナになってしまう鬼遊びです。バナナになった友達を助けようと、様子を伺ってさっと走り出したり、声を出して友達に知らせたり…年長児ならではの遊び方が見られます。

降園前には、踊りや体操、ゲーム等、各クラスで楽しい時間を過ごしました。

年少組が育てているオシロイバナです。蕾が日に日に増えています。何色の花が咲くのでしょうか。

aaaaaaaaaaa  aaa aaa

明日から一日保育が始まります。先月は、分散登園や午前保育でしたので、進級児は久しぶりの、新入園児は初めての一日保育となります。子どもたちの体調をよく見ながら、無理なく園生活のペースを作っていけるようにしたいと思います。