文庫幼稚園

BLOG

2017.05.12

日常

快晴の一日

今日も蒸し暑い一日でしたが、

子どもたちは元気いっぱいに外遊びを楽しみました。

「あっ!線路みたいだね。」と、飛行機雲を見た年中さんがつぶやいていました。

青空にしばらくの間残っていた飛行機雲。

明日は、雨が降るのでしょうか。

今日は懇談会実施のため、午前保育でした。

子どもたちは早々に園庭に出て、自分の好きな遊びを

先生や友達と一緒に楽しみました。

園内めぐりに使った地図をつかって探検ごっこをしていたひよこさん。

また、砂場では先生を取り囲んでおだんごやさんもしていました。

バケツに入った泥をかき混ぜながら、「あんこがもうすぐできますよ。」と

嬉しそうに教えてくれた子もいました。

先生と一緒に作ったおだんごはとても美味しそうでした。

 

暑かったので、日陰のある探検の森はひんやりとして過ごしやすかったです。

友達と顔を見合させて嬉しそうな年中さん。

自分の好きな場所に行って、好きなことを見つけて遊べるようになった子どもたち。

夏野菜の栽培物にも進んで水やりをする姿も見られます。

体操広場の桜の木には樹液があります。

幹の至る所にある樹液を素早く見つけてしまう男の子たちでした。

ダンゴムシやアリ探しをしている子どもたちもたくさんいます。

小さな桜の実を見つけた年中の男の子からは、「先生、これは何?」と聞かれました。

「なんだろう?」「どうしてだろう?」「すごいな。」などと感じ、

園庭の自然環境によく目を向けている子どもたちには、

興味関心の芽が育っていると感じます。

 

広い体操広場ではボール遊びものびのびできます。

最近ではサッカー遊びをする子も増えています。

本日はお忙しい中、懇談会へのご出席をいただきまして

誠にありがとうございました。

また、来週元気な子どもたちに会えることを楽しみにしております。