文庫幼稚園

BLOG

2017.03.14

日常

雨の日☆避難訓練

今日はあいにくの冷たい雨が降りましたが、

室内でも子どもたちは元気に遊びました。

すっかりコマ回し名人になった年長さん。

園長先生の手乗せ技に憧れて、毎日一生懸命練習する姿が

見られます。今朝は二人揃って手乗せ技を見せてくれました。

お見事!

 

鉄棒やリズムなどで体を動かして楽しむ姿も見られました。

この後、ひよこさんのお部屋に年長のお姉さんがやってきて

お手本を見せていました。

 

広告紙や折り紙を使って思い思いに製作する様子も

見られました。自分の考えたイメージを形にして表現をしていました。

 

 

お友達と時間をかけて作った線路も見事でした。

「やっとできたね。」と嬉しそうにしていたひよこさん。

見ていたお友達がわざわざ知らせにきてくれました。

さて、今年度最後の避難訓練を実施しました。

震度5強の大地震が起きたことを想定にし、子どもたちにも職員にも

予告せずに行いました。

好きな遊びの時間でしたので、子どもたちはそれぞれの場所に

いましたが、放送をよく聞いてしっかり身を伏せることができたのです。

いままで繰り返し練習してきただんご虫のポーズがよくできています。

長い時間揺れていることを想定しましたが、子どもたちはじっと

していることができました。

揺れが収まったので体操広場に避難しました。

地震後に火災も発生した想定でしたが、ハンカチなどで煙を吸い込まないように

口元を覆うこともできていました。

誰一人としておしゃべりする子はいず、さっと静かに集まる様子には

大変感動したほどです。

4月、5月の避難訓練の様子を思い返すと、大変立派な成長です。

園長先生からは6年前の3,11の日についてお話がありました。

自分の命を守るのは自分です。

いざという時に備え、今後もしっかり避難訓練を

行っていくことが大切だと改めて教えていただきました。

震災の話を子どもたちなりに受け止めていたように

感じる態度でした。避難の仕方やお話の聞き方がとてもよいと

たくさん誉めていただきました。

年長さんは小学校で、年中・少さんは新年度も引き続き

行っていきたいと思います。