文庫幼稚園

BLOG

2017.12.19

行事

2学期最終日

 

 

早いもので2学期も本日で最終日となりました。

今日はお天気もよく、登園してから終業式までの間は短い時間ながらも

目いっぱい遊んでいた子どもたちです。

朝の遊び出しが円滑であり、夢中になっている姿にとても成長を感じました。

年長さんがふたりでなにかを調べていました。数個のペットボトルに水を入れ、

縄跳びの綱の先端を水に入れ、片方の持ち手の空洞になった部分を耳に当てて

います。その姿はまさに小さな研究者のようです。少ししたところで何をして

いるのか聞いてみたところ「いろいろな水の音を調べている。」と、いうこと

でした。好きな遊びの中で科学的な芽が養われていることに感心するばかり

でした。まさに、遊びは学びです。

 

その後、配管用のパイプでも調べていました。どんなことがわかったのでしょう。

 

さて、今日は昨日の寒さに比べると少し和らいだように感じますが、それでも

氷が張るほどでした。年少さんがカップに水を入れ、氷づくりを試していまし

た。昨日のお水が凍っているかどうか、ワクワクしながら氷づくりコーナーへ

足を運ぶひよこしろさん。「あ!氷ができている。」子どもたちは目を丸くし

て、喜んでいました。

 

中に落ち葉などを入れたので、凍った具合がよくわかりました。

冬休み、このような遊びも楽しくできそうです。

園庭の至る所でよく遊んでいた子どもたち。

ひよこさんも、自らいろいろな場所に行き、遊べるようになりました。

 

 

落ち葉を集めて遊ぶのも大好きな子どもたち。

中には新聞紙の包みがありました。焼き芋ごっこをしていたようです。

工夫して作ったケーキや白い鳥の羽を見せてくれた子どもたち。

頑張ったこと、見つけたことなどをよく教えてくれます。

さて、みんなでホールに集まり終業式を行いました。

今日は欠席のお友達がいたことが、残念でした。どうぞ、お大事になさって

ください。

子どもたちは園長からたくさん誉めてもらい、嬉しそうにそして、しっかり

と話を聞いていました。お正月についての話も聞き、声を揃えて「よい年を

お迎えください。」と、挨拶もしました。年明け、自分で決めためあてを聞

くのを楽しみにしています。

 

子どもたちと一緒に「お正月」と「園歌」を歌いました。

そして、頑張った自分に拍手をしました。

一人一人の子どもたちの成長を、保護者の皆様と共に喜ぶことができ、

大変充実した2学期でした。いつも園の教育活動にご理解とご協力をいただきまして

ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

3学期もどうぞよろしくお願い致します。

皆様、よい年をお迎えくださいませ。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12