文庫幼稚園

BLOG

2018.10.31

ハロウィン食育

ハロウィン☆芋団子・年少

早いもので、10月も最終日となりました。

今日はハロウィンということで、幼稚園はいつもとは違った雰囲気に溢れていました。

変身してきたお友達もいて、「おはようございます。」の挨拶を交わすと、笑顔にな

る子どもたち。賑やかな登園風景になりました。

好きな遊びの中では、自分でお面などを作って、黒猫やコウモリ、かぼちゃになり

きる子もいました。他学年の保育室に遊びに行き、一緒に作る様子も見られ、その

中でかかわりが生まれています。

さて、本日は年少さんがさつまいもを使って『芋団子』づくりをしました。

いつ見ても子どもたちのエプロン、三角巾姿が微笑ましいです。

先生のお話をよく聞いていたひよこあかさん、しろさんでした。

予めふかして冷めたお芋を、一人一人のビニール袋に入れていきました。

子どもたちは、ビニール袋の口をしっかりと持ち、優しく潰していきました。

そこに、お砂糖を加え、よく混ざるように揉んでいきました。

袋からお芋がこぼれることがなく、とても上手でした。

丸くまとまって大きなおだんごになりました。とてもいい形です。

年少の子どもたちが食べやすい形なので、そのまま味わっていきました。

「いただきます。」を言うと共に、待ちきれなくてすぐにパクリと食べるひよこさん。

「あまーい。」「ふわふわしている。」「ハロウィンだから、ハロウィンだんご

だね。」「今日はいい日だね。」など、素敵なつぶやきがたくさん聞こえてきて、

こちらも嬉しい気持ちになりました。

クラスのお友達と一緒にお料理を楽しみ、秋の味覚を堪能した年少さんでした。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21