文庫幼稚園

BLOG

2020.01.17

2020年1月行事

誕 生 会

今日は暖かい陽気に恵まれました。

冬の日差しを受けて、色鮮やかに咲きだした蝋梅の花。とてもいい香りを放っています。

植樹してから1年が経過し、たくさんの花をつけています。

年長の女の子が「体操広場に咲いている黄色いお花の名前はなんですか。」と聞きにきました。「蝋梅だよ。」と伝えると、「そうだ!思い出した。」と喜んでいました。その姿に心が温かくなりました。

本日は1月の誕生会を行いました。

インタビューでは名前と好きな色をしっかりと答え、友達からたくさんの拍手をもらいました。お誕生日おめでとう!

園長からは「冬の星座」を奏でました。「目を閉じて、星空を思い浮かべて聴いてください。」と話すと、子どもたちは目をつぶっていました。

しっとりと心地よい時間でした。

さて、職員劇は「十二支のはじまり」をさやまオリジナルバージョンで演じました。

昔、昔、人間もまだ生まれていなかった大昔の年の暮れのことです。

動物たちが昔あそびをしているところへ、神様がやってきました。

「もうすぐお正月だ。正月の朝、わたしのところへきなさい。

来たものから12番までを順番に、1年ずつその年の大将にしてやろう。」と話があり、動物たちは自分こそは一番になりたいと大騒ぎになりました。

しかし・・・・。

猫だけはこの日をいつだったか忘れてしまいました。

猫はねずみにいつのことか聞くと、「それは、1月2日だよ。」と間違えたことを教えられました。

前の晩から準備を始めていたうしは、出発しました。

それを見ていたねずみは、こっそりとうしの背中に飛び乗りました。

朝、御殿の門が開くと、真っ先に飛び込んだのはねずみでした。

残念なことに、うしは二番目でした。

そのあと、とら、うさぎ、たつ、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのししの順に着きましたが、ねずみに騙されてしまった猫は「もう遅い。」と神様に笑われてしまったのです。

それ以来、猫はねずみを追いかけるようになったということです。

おしまい。