文庫幼稚園

BLOG

2018.03.17

卒園式

卒 園 式

本日は素晴らしい晴天の下、第42回卒園式を挙行することができました。

大勢の保護者の皆様、ご家族の皆様、そしてご来賓の皆様がお祝いに来てくださいました。

卒園児の子どもたちはとてもいい顔をして登園しました。

今日の晴れの日を嬉しく感じている気持ちが、とても伝わってきました。

温かい拍手と共に入場したきりんさん、ぞうさんです。

胸を張って歩く姿がとても立派でした。

修了証書を受け取る態度も、大変素晴らしかったです。

さすがきりんさん、ぞうさんです。

幼稚園生活で楽しかったこと、頑張ったこと、小学校でしたいことなど、それぞれが

思い出や目標を話してくれました。一人一人の話を聞き、とても胸が熱くなりました。

おうちの方へ感謝の気持ちを込め「ありがとう。」の言葉を添えて、修了証書を

渡しました。保護者の方は、頭を撫でてくださったり、ありがとうと伝えてくだ

さったりしました。親子の素敵な瞬間に涙がこぼれそうでした。

園長からは幼稚園生活で培ってきたことに自信をもち、小学校へ行っても自分の良い

ところをたくさん伸ばしていってほしいという話がありました。

園長が常日頃、皆さんに伝えてきた『積小為大』を忘れずに新しい生活を送ってほし

いと思います。

前園長の熊沢誠二様、父母の会会長様から温かい祝辞をいただきました。

ありがとうございました。

元園長の竹村保俊様から子どもたちへ熱いエールを送っていただきました。

ご来賓の皆様、本日はお忙しい中ご列席いただきまして、ありがとうございました。

歌『大切な友達』『1年生になったら』やお別れのことばもとても心がこもってい

した。保護者の皆様も今までのことが走馬灯のように駆け巡り、感動で胸がいっ

いだったことと思います。わたしたち職員も同じ思いでした。

入園した頃、ぶかぶかのスモックを着て登園したみんな。泣いたり、喧嘩したり、

怒ったりしたことも今ではとてもいい思い出です。それ以上に笑顔になる素敵な

園生活だったと思います。

明るく、元気で何事にも一生懸命のきりんさん、ぞうさんみなさんの成長を見守

ることができ、職員一同皆、大変幸せな時間を過ごさせていただきました。

本当にありがとうございました。

 

保護者の皆様には多大なるご協力をいただきまして、感謝の気持ちでいっぱで

ございます。誠にありがとうございました。

お子様のご卒園、誠におめでとうございます。

きりん組さん、ぞう組さん卒園おめでとうございます。

ぜひ、また顔を見せに遊びにきてください。

みなさんのことをいつまでも応援しています。

~さやま幼稚園のせんせいより~

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13