文庫幼稚園

BLOG

2017.06.30

園外保育自然

プラネタリウム

今日も保育中は雨降りの一日でした。子どもたちは外遊びが出来なくてがっかりして

いるようですが、雨でしっとりとした園庭もいいものです。

葉っぱに落ちた雨粒が透き通っていたり、雨に濡れないように蝶が隠れていたりする

様子などが発見できるのです。一雨ごとに栽培物も大きくなってきています。

ひよこさんの畑を見てみると、真っ白いコカブが顔を覗かせていました。

黄緑色の茎もしゃきっとしていて、とても美味しそうな感じです。

ピーマンのあかちゃんも数個ありました。大きくなるまでの過程の中で、

驚きや感動があるのです。遊びの中で水やりをまめにしているひよこさんたちの

思いに応えるようにぐんぐん生長している夏野菜です。

この調子でいきますと、カレー集会の具材にできそうです。

昨日、年長さんが釣ってきたザリガニで、「ミニザリガニ釣りコーナー」を楽しん

でいた子もいました。ひよこさんがチャレンジしていると、年長さんがやってきて

「見ててね。」と言ってザリガニを上手に持って見せていました。

「うわ~。すっごいね。」と、驚いて見ていたひよこさんでした。

晴れたら戸外でのコーナー遊びを楽しみたいと思います。

て、年長さんは昨日のザリガニ釣りに続き、楽しいことが満載です。

本日は園バスに乗車し、入間市までプラネタリウム鑑賞に出掛けました。

大きなプラネタリウムに入ると、立派な投影機が目に飛び込んできました。

今日は、7月7日も近いので、七夕さまの由来についての映像を鑑賞しました。

 

ドーム内に映し出された映像は大きくてとても迫力がありました。

狭山市から観た星空鑑賞もさせていただき、満天の星空を堪能することができました。

年長さんは所々で拍手をするなど、マナーもよく、鑑賞の仕方がとても上手でした。

場面に応じた行動ができる年長さんに感心いたしました。

ゆったりとした気持ちで楽しんだプラネタリウムでした。

対応をしてくださった職員の方へ、心を込めてお礼の言葉を伝え、児童センターを

後にしました。

今後、星空を見上げるのが楽しみになったのではないかと思います。

貴重な体験ができて、とてもよかったです。

入間児童センターの皆様、ありがとうございました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20