文庫幼稚園

BLOG

2017.04.13

日常

暖かい一日

 

今日もぽかぽか暖かい一日で、体操広場のチューリップが

お日様に向かって咲いていました。

以前から園庭に欲しいと職員があれこれ試しているつくしですが、

なかなかうまく根づきません。

年長の保護者の方がいろいろと調べてくださり、

つくしのプレゼントつきで教えてくださいました。

登園した子どもたちも保護者の方々もつくしを見て、

にっこり笑顔がほころんでいました。

こっぱ村広場の八重桜のつぼみが膨らんできました。

ふわふわとした花びらの八重桜は、子どもたちが大好きな花です。

体操広場の桜は淡い色をしています。風に舞った花びらが

田んぼに浮かんでいました。

一生懸命花びらを集めている子どもたちもいます。

早速、飼育ケースを持ってきて虫さがしをしている年長さんがいました。

菜の花の近くで丸々としたダンゴムシを見つけていました。

それからしばらく一緒にダンゴムシ探しをしていたのですが、

なかなか見つかりません。

しかし、お弁当後に手の中にたくさんのダンゴムシを持っている男の子

がいたのです。「いったい、どこで見つけたの?」ワクワクしながら聞いてみました。

「それはね・・・・。」なんでも毎年、そこでダンゴムシを捕まえているという

お気に入りの場所があるようです。子どもから教えてもらいました!

 

ぐるぐる滑り台にたくさんの子どもたちがやってきました。

勢いよくシューと滑る爽快感が味わえるのです。

新入園の子どもたちもいろいろな場所に行ってみたり、固定遊具などで

遊び出したりして楽しんでいます。

通りかかったご年配の男性が「今年は泣いている子がいないんだね。」と

声を掛けてくださいました。さやま幼稚園は地域の方々に見守って

いただいているのだと改めて感じました。

 

春の優しい日差しに包まれて、のびのびと遊ぶ子どもたちでした。

「お友達たくさんできたんだよ。」「学校楽しいよ。」と、卒園した新一年生が

元気な姿を見せにきてくれました。