文庫幼稚園

BLOG

2016.01.25

日常

今冬一番の寒さ

s125 s125 (3)

今日は指先が痛く感じるほどの寒さでした。きっと気温は零下だったのではないでしょうか。

池の氷を楽しみに見に行ってみると、今までになく分厚く凍っていました。

 

s125 (4) s125 (5)

雪の結晶を切り紙で作りました。立体にできるやり方もありました。

未就園児の読み聞かせの時に、一枚の折り紙から出来上がりまで見せると、子どもたちは

とても驚いていました。切り紙は開くまでのワクワク感が楽しいです。

 

s125 (6) s125 (7)

「子どもは風の子 元気な子」=さやまの子どもたちです。

 

s125 (8) s125 (9)

体を動かしていないと、風が冷たく寒いので益々元気に走り回る子どもたちです。

寒いからと言って縮こまってはいません。

 

s125 (10) s125 (11)

 

s125 (12) s125 (13)

毎日、年長さんが頑張っている飼育当番。水を替えるのも、餌の入れ物を洗うのも

この時期は手が冷たいことでしょう。でも、だれも嫌がったり、文句を言ったりしながら

やっている子はいません。本当に素晴らしい子どもたちです。今日から年中さんへの

引き継ぎが始まりました。年長さんに教えてもらいながら、年中さんも頑張っています。

 

s125 (14) s125 (15)

 

s125 (16) s125 (17)

作品展の共同製作に向けてなにを作るのか、具体的なことを決める話し合いを始めています。

 

s125 (18) s125 (21)

年長さんは自分の思ったことが言いやすいように、近くにいる友達と話し合いもしました。

年中さんも先生の話を聞いて、クラスの友達と一緒に取り組んでいけるように

していきたいと思います。

 

s125 (20)