文庫幼稚園

BLOG

2018.03.13

日常

暖かい一日

 

今日もポカポカの暖かい気候に恵まれ、心を弾ませながら子どもたちはうきうき

遊んでいました。砂場ではいろいろな道具を使いながら、自分なりのイメージ

作ってはやりとりし、楽しんでいました。

 

年中さんのお当番姿がとても似合っています。年長さんから引継ぎ、毎日一生懸

取り組む姿がとても素敵です。さやま幼稚園の子どもたちは、遊びに活動に当

番にと、何でも全力で頑張る子どもたちだと思います。

 

蛙の卵が産まれる夢を見たという職員が、今朝方池を覗いてみると・・・なんと、

卵の塊がありました。(正夢でしょうか。)池の水が綺麗で子どもたちが写って

いますが、よくご覧いただくと、真ん中に黒い塊が見えると思います。ポンちゃ

んも目覚めましたが、カエルも活動を開始したようです。

 

赤土広場が大人気です。砂や黒土とも異なる感触は、粘土のようです。

水を少し混ぜてこねていくと、いろいろな形に変えられるので楽しいようです。

 

タイヤの淵にあるのはリンゴとウサギです。お皿の中にあるのは、餃子です。

子どもたちの発想は本当に面白いです。

暖かい日差しを受けながら、友達や先生とかかわり夢中になって遊んでいた

子どもたちです。

先生に言われなくても砂場道具を自ら片付けたり、テラスの砂を掃いたりして

いたひよこさんでした。

~お迎えに来られた時には、ぜひ蛙の卵🐸をご覧になってください。~