文庫幼稚園

BLOG

2017.01.26

日常

共同制作

s-DSC01821

今日はお日様の暖かさを感じる気持ちの良い晴天でした。

日射しを受け、菜の花が開き始めました。

春が近づいてきている嬉しい瞬間です。

 

s-DSC01820

水仙のつぼみも膨らんできました。

開花が待ち遠しいです。

 

s-DSC01824 s-DSC01817

花壇の所々でオオイヌフグリが咲いています。

木の実やクローバーなどを水に差し、

先生にプレゼントをしてくれた年長の女の子。

素敵なセンスです。

s-DSC01774

さて、2月4日の作品展に向けて各クラスでは

共同制作に取り組んでいます。

年長さんがさまざまな考えを出し合った中から

氷の世界」という素敵なテーマを決めました。

そのテーマを基に自分たちは何を作るのか、

各クラスで話し合いをしました。子どもたちの発想は素晴らしく

「なるほど!」と感心するような制作物に取り組んでいます。

s-DSC01775 s-DSC01793

 

 

s-DSC01795 s-DSC01796

 

 

s-DSC01810 s-DSC01815

年少さんは発達段階を考え、個人作品を考えています。

年中さんの取り組む姿を見ていると・・・

「これ、みんなで協力して作っているんだよ。」や

「ぼくたちはもうお片付けしているんだ。」と、

嬉しそうに教えてくれる子がいました。

年長さんたちからは、「段ボールを三角に切ってみたらどうかな?」

「うん。それいいね。そうしょう。」や

「うまく貼れてよかったね。」など

自分の考えを友達に伝えたり、

友達のしていることを受容したりする姿がたくさん見られました。

友達の頑張っている姿に気づいたり、

認めたりすことができる子どもたちに

心の成長を感じました。