文庫幼稚園

2016.06.28

日常未就園児

お化け屋敷(年長組)・いちご組のお知らせ(未就園児)

6月28日(火)

お化け屋敷(年長組)

年長いちょう組の子ども達が、6月の初めから盛んに段ボール箱を集めていました。何に使うのか聞いても「ひ・み・つ」と教えてくれません。先生に聞くと、ホールで大々的に「お化け屋敷」をするのでそれに使うとのことでした。自分たちの部屋で「お化け屋敷」をすることは度々ありますが、広いホールで段ボールをたくさん使って「お化け屋敷」をするというのでとても楽しみでした。

今日、その「お化け屋敷」がオープンしました。入口の所に2枚紙が下がっていて、片方の紙には「かわいいおばけやしき」と書いてあり、左向きの矢印がありました。もう1枚の紙には、「こわーいおばけやしき」と書いてあり、右向きの矢印がありました。

m6-28-1 m6-28-2 m6-28-3

戸を開けると黒い幕が下がっていて、その中に入ると案内人2人います。その案内人が、どっちのコースに行くか聞いて、進む方のドアを教えてくれます。

m6-28-4

「かわいいおばけやしき」のドアは、トランプの絵が描いてあり、その前にはかわいい魔女が2人いてにこやかにドアを開けてくれます。天井には、星空が映し出されています。

m6-28-5

ドアを入ると、壁一面星です。門の上からも星が吊るしてあります。

m6-28-6 m6-28-7

星の門を通り抜けると、星やシャボン玉のような絵が描いてある広場に出ます。

m6-28-8 m6-28-9

広場の先には滑り台があり、横の壁には魔法のじゅうたんの絵が描いてあります。

m6-28-10

その魔法じゅうたんの絵の所に小さい子たちがたくさん並んでいました。列の先は滑り台で、その滑り台に四角い淵に飾りになったキレが置いてあり、その上にお客さんが乗ると係りの人が斜面の下まで引っ張ってくれます。

m6-28-11 m6-28-12

「かわいいおばけやしき」は、これで終わりです。「おばけやし」とは言えないかもしれません。初めは全く計画がなかったそうですが、制作途中である子が、「小さい子が怖がらないで入れるようなおばけ屋敷も作ろうよ。」ということでできたそうです。

もう一方の「こわーいおばけやしき」のドアは、真っ黒に塗ってあり、そこにおばけが描いてあります。

m6-28-13

入ると真っ暗です。そこに突然大きな音と叫び声がして、入ってきたお客さんを驚かします。箱舞台を立てて、その裏にドラキュラが隠れていて驚かすのです。

m6-28-14 m6-28-15

なおも暗いところを進んでいくと、今度は足元から変な声がしたり、手が出てきたりします。舞台の下の物入れの中からおばけが手を出すのです。

m6-28-16 m6-28-17

そこを通り抜けると、入口に悪魔の絵がある両側が塀の狭い通路になります。

m6-28-18

その通路の出口の所に箱が置いてあり、恐々通ってきたお客さんを驚かします。

m6-28-19 m6-28-20

塀の通路の後はトンネルです。トンネルの出口には、白い着物を着た「雪女?」が待っていて驚かします。

m6-28-21 m6-28-22

その先には、大型積み木の間から上半身を出したおばけが脅かします。

m6-28-23 m6-28-24

まだその先があります。血だらけの大きな箱が置いてあり、そばを通ると中から骸骨やドラキュラなどが出てきます。

m6-28-25 m6-28-26

出口が見えて一安心と思うと、最後にもう一つ箱がありもう一度お客さんを驚かせます。

m6-28-27 m6-28-28

2つのお化け屋敷という発想も面白いし、次から次にといろいろな形でお客さんを驚かせるところもとても素晴らしいと思います。そしてそれ以上に素晴らしいのが、いちょう組の子ども達が皆でしっかりこれだけの屋敷を作り上げたことと、一人一人が自分の役割を一生懸命に果たしてお客さんを楽しませようとしていたことです。感激しました。

 

いちご組のお知らせ(未就園児)

 

いちご組のお話会と活動が下記のようにあります。気軽に参加して楽しんでください。

1.日 時 平成28年7月1日(金) 10:40~12:00

2.場 所 まぼり幼稚園ホール

3.内 容

① 大石先生と黒猫クロちゃんのお話会

・楽しい話がたくさんあります。

・親子で話を楽しむヒントもたくさんあります。

② 「七夕の笹飾り」を作ろう

・笹に、いろいろ飾りをつけて七夕の笹飾りを作ります。

4.その他

・申し込みも費用もいりません。

・材料は準備してあります。

・熱中症予防の飲み物は準備してください。

・上履きをご用意ください。

・駐車場はありません。