文庫幼稚園

2018.05.16

日常未就園児

いちご組(年長組参加)・絵の具遊び(年中組)

平成30年5月16日(水)

未就園の子どもたちを対象とした『いちご組』がありました。大勢の人の前に立ち、ドキドキしていた年長児でしたが、小さい友達を見て、「こんにちは!」「ようこそ!」とホールで未就園児を優しく迎えてくれました。

クラスの紹介をしたり、未就園児が好きなアンパンマンの手遊びを教えてくれたりした子どもたち。会の最後には、「にじ」と歌いました。子どもたちがいちご組の友達のために…と気持ちを込めて歌う姿がとても素敵でした。

いちご組の子どもたちは、その後園庭に出ました。今、園児が楽しんでいるクワの実やサクラの実の色水遊びを親子で楽しんでいただきました。年長組の子どもたちが、未就園の子どもたちに、「こっちで遊べますよ!」「クワの実ここだよ。」と声をかけてくれる姿もありました。園庭で遊ぶことが楽しくなり、「もっと遊びたかった。」と言って帰ったお子さんもいました。園庭開放もしていますので、どうぞまた遊びにいらしてください。

【今日の遊びの中から…】

年長組、シロツメクサを摘んで、腕輪や髪飾り作りをしました。

「かっ~てうれしいはないちもんめ…」「だれにする?」「う~ん。」はないちもんめ、仲間と相談している時にはいろいろな会話が出てきます。

 

年中組は絵の具遊びを行いました。手形、足形をペタペタペタ。今日は気温が高くなったので、このような絵の具遊びにはぴったりの天気でした。