文庫幼稚園

BLOG

2020.01.24

2020年1月日常

仲間とかかわりながら♪

今日は寒さが緩み、日差しが暖かい一日でした。

昨日、お伝えしました『新たな遊び場』に子どもたちが集いました。

先日のこと。子どもたちの遊びの手掛かりになってほしいと願い、職員があれこれ考えを巡らせ自然風景を描きました。大人ですから、うまく描きたいという思いもあったと思います。

しかし、子どもたちはペンを握ると、なんの躊躇もせずにさらさらと好きな絵を描きだしたのです。アンパンマン、鶴、タイヤ・・・など、思い思いの絵がとても素晴らしかったです。

ホワイトボードのよいところは、描く、消すが簡単にできるところです。

気負わずに思いのままに描けることは、子どもたちにとってとても楽しいことだと思います。

そのお隣では、いろいろな形に切り取ったマグネットで、構成遊びをする年少さん。

「ロケットだよ。」「汽車だよ。出発進行!」「これは雪だるま。」などイメージを膨らませて楽しんでいました。子どもたちの発想は柔軟です。

楽しい雰囲気を感じ、子どもたちが入れ替わりでやってきて描くことを楽しみました。

こちらが特に言わなくても、ちゃんとマジックの後片付けもしていた子どもたちです。

電車や馬車に乗ったシンデレラなど、ダイナミックに描く様子もありました。

年少さんの中には、「サボテン」「腐ったバナナ」などの面白い絵もありました。

子どもたちの描いている時の真剣な表情を見たり、話してくれるエピソードを聴いたりすることができます。そして一人一人の成長を感じる場でもあります。

今後も、子どもたちの素敵な作品を楽しみにしています。

おうちの方々もぜひ、描きにいらしてください。

きっと、子どもたちの刺激になると思います。