文庫幼稚園

BLOG

2020.02.07

2020年2月

冬の美しい自然事象

昨日から冷たい北風が吹き荒れ、指先までジンジンするような寒さです。

今朝は幼稚園の水道が凍っていました。

ひよこさん前のたらいに張った水も空き容器ごと、見事に凍っていました。

池の方も期待して見に行ってみると・・・しっかりと凍っていました。

昨日から氷づくりをしていた年中さんは、登園後すぐに見にいくと綺麗に凍っていました。

「うわ~凍っている!」「すごい!」大喜びで見せてくれました。

園庭に出てきた子どもたちが職員室に飛び込んできました。

「氷ができていたんだよ。早く、早く。」腕をつかまれ、行った先には美しく輝く氷のかけらがありました。

更に氷の芸術品が届けられました。

カップの形に凍っていますが、中は水の状態です。とても素敵でした。

「あれ?先生、水が出ないんだよ。」水道の蛇口が動きません。

しかし、この後凍結が融け、勢いよく水が噴き出すという出来事がありました。この時期、気を付けなくてはなりません。

ひよこさんも氷づくりをしました。来週が楽しみです。

かき氷屋さんを始めている子もいました。それは、楽しそうでした。

年少さんがかごをゴールに見立てて、友達同士でサッカーごっこを始めていました。自分の番がくるまで、ちゃんと並んでいます。

身近なものを利用して、自分たちで遊びを考えていたひよこさん。素晴らしいと思います。