文庫幼稚園

BLOG

2018.12.17

2018年12月

小松菜ホットケーキ☆年少

子どもたちが種を蒔き、すくすくと大きく育った小松菜。

収穫をして、ホットケーキを作ることにしました。

朝からとても楽しみに登園してきた子どもたち。

エプロンや三角巾を身につけるのもとても早く、その成長を感じたほどです。

まず初めに小松菜を細かくちぎっていきます。

細かくすればするほどおいしくなる!(野菜が苦手な子も食べやすいように)という

ことで”誰が細かくちぎれるか選手権!”と題し、楽しみながらちぎっていきました。

どの子も真剣な表情で、細かく細かくちぎっていました。

「見てみて!」と友達同士で見せ合ったり、ちぎった小松菜を綺麗に並べて

みたり様々な姿が見られました。

一生懸命ちぎったからでしょうか…?

「手が緑色になっちゃった!」と染まった手を眺めては嬉しそうな子どもたち。

そして部屋中に、小松菜の匂いが!!

「なんかお野菜の匂いがするね!「葉っぱの匂い~!」と口々に言っていました。

ちぎった小松菜をホットケーキの生地に入れて順番に混ぜます。

「1,2,3、~10!はい交代ね!!」

10数えたら交代したり、友達が混ぜている時にボールを押さえてあげたりと

子どもたち同士で声かけあって行う姿に大きな成長を感じた瞬間でもありました。

子どもたちが戸外遊びをしている間に、職員が焼いていると…

その匂いにつられて、「もうできた?」と何度も確認にくる子もいたほどです。

ホクホクした小松菜のホットケーキ!

一口食べると「おいしい!」「甘い!」「最高!」と歓声があがり、どの子も

笑顔になりました(^^)/

野菜が苦手な子も、パクパクと食べおかわりもたくさんしました。

あっという間に完食!

笑顔いっぱい、お腹もいっぱい、とても幸せな時間となりました。

年少担任