文庫幼稚園

BLOG

2020.07.31

2020年7月

楽しかった1学期🌻

1学期の最終日に、ぴかぴかの晴天に恵まれました。このお天気には職員一同「やった!」という心境でした。
青空も綺麗で、子どもたちの心も弾みます。
戸外に出ると、自分の好きな遊びを友達や先生と楽しみました。
賑やかな歓声が響き渡る園庭はなんと心地よいのでしょう。
子どもたちの元気な声と重なるセミの鳴き声。待ち望んだ夏の園庭です。

6月から保育が再開でき、早2カ月経ちましたが、子どもたちの成長は目を見張るものがあります。
わたしたちは子どもたちの成長にかかわることができ、毎日幸せな気持ちで支援にあたらせていただきました。


遊具の使い方、順番の待ち方も上手になりました。
不安そうにしている子は誰もいません。子どもたちはやりたい遊びを次から次へ見つけていき、笑顔で楽しんでいました。

バスが到着しました。降車すると、先生が見守る中、自分たちで保育室に進みます。
この様子には、とても感動しました。
おうちの方と登園した子どもたちも門で別れ、保育室に向かいます。
保育室では友達や先生が笑顔で待っています。

「遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん 

              遊ぶ子どもの声きけば 我が身さえこそ ゆるがるれ」

子どもたちの遊ぶ姿から、心が動かされる毎日です。
子どもは、大人が気づかない鋭い目線をもっていると常日頃感じます。言葉や態度に表さないことも、心の中でたくさんのことを感じ取っています。その心の動きをわたしたちはしっかり読み取り、気持ちに寄り添えるように努めてまいりたいと思います。

やりたい遊びが思いきりできた子どもたちは、保育室での終業式に立派な態度で参加していました。
遊びの満足感や充実感は、次の行動へのエネルギーになります。


保育室でもじっくりと製作を楽しんでいました。


ワクワクギャラリーで長い時間かけて、絵を描いていた年長さん。
ボード一面に大作が描かれていました。


最後になりますが、本日ひよこの女の子が見つけた「カマキリの抜け殻」です。
カマキリの形のままの抜け殻は初めてです。よく見つけたと思います。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

本日、無事に1学期を終えることができました。
保護者の皆様には、新型コロナウイルス感染拡大防止にご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございました。
2学期も子どもたちが安心して園生活を送り、一人一人の良さがたくさん発揮できるように努めてまいります。
これからもどうぞ、よろしくお願い致します。