文庫幼稚園

BLOG

2021.02.25

2021年2月

白梅💛ひな人形製作

2月の登園も残すところ明日一日となりました。
暖かくなったと思えば、寒い日に戻ったりとまさに三寒四温の陽気です。
しかし、園庭の樹木からは春の訪れを感じることができます。
ニコニコ広場の白梅が次々とほころんでいます。
子どもからは見上げる高さになるので、目に入りにくいかもしれません。
「綺麗な梅が咲いているよ。」と伝えると子どもたちは「すごい、きれい!」と歓声をあげていました。


 

年長さんたちはドッジボールや鬼遊びなどに夢中になっていました。ボールを追いかけた時に勢い余ってスライディングしてしまった女の子が、スモックの砂ぼこりを払いすぐに立ち上がりました。なんてたくましくなったのだろうと感激しました。
また、花壇の片隅でオオイヌフグリが咲き出し、チューリップが芽を出ている様子をじっと観察をしている男の子たちもいます。桜の幹の具合を、まるで研究者のように観ている子もいました。
年長さんたちは会うといろいろなお話を聞かせてくれます。一人一人が充実した園生活を送っていることがとてもよくわかります。

年少さんではひな人形製作を楽しんでいました。あかさんもしろさんもあおさんも、子どもたちは先生の話をよく聞き、とても落ち着いた雰囲気で作ることを楽しんでいました。

 

 

園庭のあちらこちらで工夫した遊び方が繰り広げられています。
発達段階に応じ、各学年で遊ぶ力が着実についています。