文庫幼稚園

BLOG

2021.11.17

学園研修会2021年11月

年長研究保育☆園庭探検

去る11月16日(土)は延期していました年長組の研究保育を実施致しました。お休みの中、登園にご協力をいただきまして誠にありがとうございました。
当日は生活グループの友達と一緒に『園庭探検』を行いました。この日を迎えるまでに・自分の思いや考えを出し、友達と一緒に遊びを進める楽しさを感じる。・自分の力を発揮しながら、友達と一緒に遊びや活動に取り組むことを大切に進めてまいりました。
年長さんだけの登園日にお楽しみの活動があると知っていた子どもたちは、期待感に溢れていました。
好きな遊びをした後は、グループの友達と一緒に声を掛け合いながら集まりました。その様子からも友達との仲の良さやそれぞれのクラスの温かい雰囲気を感じ大変嬉しかったです。活動内容はグループの友達と一緒に、お題にある園庭の植物を5種類(+おまけ2種類)探し出し、最後にクラスのみんなの前で発表するというものです。自然大好きな年長さんはどのような取り組みを見せてくれるか職員は見守っていきました。

子どもたちが遊びの中から学びを深めていけるように、教師は環境の工夫に努めました。園内にある植物の葉や花を友達と一緒に探しにいくため、その題材をわかりやすいように透明のケースに貼りました。葉っぱは表裏の模様や葉脈が異なります。透明にすることで、よく観察することができます。ヒントにするため園内の地図もつけました。日頃、見ているようで通り過ぎてしまったり、当たり前のように咲いている花をじっくりと観る機会もないかもしれません。グループの友達とそれぞれが思ったことを伝え合いながら、力を合わせて課題の植物を見つけていくことは身近な自然へのかかわりを深め、自然物をよく観察し、気象状況や季節の変化を感じとったり、更にはものごとを自分なりに感じ取る力へもつながっていきます。スタートすると、「この葉っぱは簡単だから、これから探そう!」「おーい、先に行っちゃだめだよ。みんなで一緒に行くんでしょ。」「僕は地図を持つよ。」「あっ、これバタフライガーデンで見たやつだ。」「これわからないなあ。」「向こうで見た気がする。」「ほら、見つけたら地図に〇つけてよ。」など、グループの友達と思ったことを伝え合いながら進めている様子に、職員皆感動したほどです。

時に担任や見守る職員が追いつかないほど、子どもたちは二つの園庭を駆け回り、何度も行き来していました。それほどまでに夢中になっていたということです。植物に対する興味関心の度合いはそれぞれ異なります。この活動は一人一人がバラバラでは楽しくないです。自分が気づいたことを友達に伝えたり、見つけられなくて困っていると手を差し伸べたり、自分なりの考えを伝えたりしている姿から心の成長を感じました。担任がねらいとしていた『グループの友達と力を合わせて、園庭探検を楽しむ。』の力を合わせては、友達との助け合いなのだと実感しました。

園庭探検終了後はクラスに戻り、みんなで振り返りをしました。「この葉っぱの名前はキウイだと思います。」「全部見つけることができました。」など、それぞれのグループが前に出てきて発表する姿からは1年生になった年長さんの姿がイメージできました。