文庫幼稚園

BLOG

2019.09.20

令和元年9月

誕生会☆三輪車リレー☆年長

 

今日は9月の誕生会を行い、21名のお友達をお祝いしました。

誕生児が入場すると、子どもたちから大きな拍手が起こりました。

みんなの周りを歩く子どもたちは、とても嬉しそうでした。

インタビューでは名前と好きな果物について話しました。

お誕生日 おめでとう!

園長からはリコーダーで『マルセリーノの歌』の演奏しました。

哀愁が漂うしっとりとしたメロディーに、子どもたちは耳を傾けていました。

職員劇は『もったいないばあさん』でした。

もったいないことをしていると、『あ~、もったいない、もったいない』と言って

現れるおばあさんのお話でした。

 

青空が綺麗な、とても爽やかな一日でした。

外遊びが大好きな子どもたち。盛んに体を動かして、楽しんでいます。

今日は年長さんが『三輪車リレー』を行い、男の子と女の子が競いました。

日頃、自転車や一輪車の練習をしている子はいますが、三輪車に乗る機会はなかなか

ないと思います。

大きいお兄さん、お姉さんが三輪車に乗る姿はとてもかわいらしかったです。

ペダルの漕ぎ方、力の加減で早く進むことができたり、なかなか進まなかったり・・・。

 

 

友達を応援しながら、それは大変な賑わいでした。

終わった後も「ぼく、練習してくる!」「私もっと早く漕げるようになりたい!」

夢中になっている年長さんでした。

さまざまな運動遊びを経験して、10月の運動会を迎えたいと思います。

素敵なお届け物がありました。

「先生、タピオカミルクティーはいかがですか?」

泥水の中に小石が沈んでいますが、本当にタピオカミルクティーに見えます。

子どもたちのアイディアには驚かされることが度々です。

保育後、卒園児のお友達が遊びにきてくれました。

新しい保育室で、小学校の話をたくさん聞かせてくれました。

その、いきいきとした姿に成長を感じました。

また、時々預かり保育のお手伝いにきてくれる6年生のお兄さん。

子どもたちの目線になって、とても優しくかかわってくれます。

お兄さんが来た瞬間、子どもたちから歓声があがったほどです。

卒園しても幼稚園を訪ねてくれたり、お手伝いしてくれたりする子どもたち。

幼稚園のことを大切に思ってくれる気持ちがとても嬉しいです。

明日は狭山市内小学校の運動会です。どうか、晴れますように!☼