文庫幼稚園

BLOG

2015.12.04

日常

生活の中で

s124 s124 (2)

今朝は紅葉したドウダンツツジの葉に日差しがあたり、美しい光景でした。

黄葉したイチョウの木の下で、楽しそうに遊ぶ子どもたち。

お天気によって園庭の色彩も違って見えます。

 

DSC01333 DSC01329

イチョウの葉っぱを生かして、素敵な作品を作っていた年少さん。

それぞれの色合いが調和しています。

 

s124 (3) s124 (10)

落ち葉、石、小枝でかわいい顔を作っていた年長さん。

ざるの持ち手がちょうど耳の形に見えます。

昨日冬ごもりをしたカメのポンちゃん。ポンちゃんが寝ているおうちに、

ひよこさんたちがぬった絵を貼りました。

年少さんの優しい気持ちが伝わってきました。

 

s124 (4) s124 (5)

明日のたのしみ会に向け、いきいきと表現している子どもたちは生活の中でも

意欲的な姿を見せています。特に感心するのは、年長さんの飼育当番です。

劇を行う前後の時間にやってきて、それは素早く身支度をします。

担任はそばについてはいません。自分たちで割烹着に着替え、

餌を運び、協力してお掃除をしていきます。

 

s124 (7) s124 (9)

「○○くん、ドア押さえておいて。」「ぼくたちはこっちをやるから、奥やってくれる?」

「うさぎがじっとしているうちに、お掃除しちゃおう!」と、互いに声をかけながら

行っています。先生がいなくても、自分たちで責任をもってできる年長さんに大きな

成長を感じます。このような生活の姿も、たのしみ会に向かう中で得ている

自信につながっているのだと思います。

また、お掃除をしながらもウサギを撫でたり、話しかけたりしていて

かわいがる姿も見られました。昨日のひよこさんからも感じましたが動物や生き物に

愛情をもって接している子どもたちだと思います。

さて、明日は「たのしみ会」です。1学期から楽しんできた表現遊びの一端を

ご覧いただく会です。当日までの過程をご理解いただきまして、

子どもらしい表現がのびやかに発揮できるように、

保護者の皆様の温かいご声援をお願いいたします。

 

<尚、明日は全園児白い靴下、または白いタイツになりますので、

お忘れなくお願いします。

また、子どもたちが舞台に上がる前に気持ちを落ち着かせるためにも

時間を守っての登園をお願い致します。>

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14