文庫幼稚園

BLOG

2017.04.12

離任式

離 任 式

 

今日は青空の美しい晴天に恵まれ、桜も嬉しそうに咲き誇っていました。

春風にのって花びらが舞う様はとても風流でした。

今日から園バス運行、預かり保育開始です。

保育のスタートにふさわしい、素晴らしいお天気に心が弾みました。

卒園した子どもたちが育てていた菜の花もぐんと背を伸ばし

鮮やかな色合いがとても華やかです。

自然豊かなさやま幼稚園の園庭に

これからさまざまな昆虫がやってくることでしょう。

 

お日様の光と春風を受けて遊ぶ気持ちよさは

また格別なものがあります。

新年度の緊張感も一気に和らいだことでしょう。

春休み中に増えた赤土は大人気です。子どもたちの遊びの素材として

大活躍してくれているのです。

 

 

新しく入園した子どもたちはおうちの方々のもとから離れ、

さみしい気持ちや泣きたい気持ちもあると思います。

泣きたい時は我慢せず泣き、嫌だと思うことがあるときは怒るというように、

まずは自分の思いを言葉や態度などでありのままに表現してほしいと

思います。どのようなことでも私たち職員は受け止めていきます。

子どもたちには安心感をもって、園生活を送ってほしいと願っているのです。

焦らずゆっくり一歩一歩です。

 

本日は保護者会後、平成29年度 離任式を行いました。

お世話になりました前園長 熊沢誠二様、

預かり保育にご尽力いただきました青木京子様にお越しいただきました。

年長を代表して4名の子どもたちがお礼の言葉と花束贈呈をしました。

大勢の保護者の方を前に、見事大役を果たしてくれました。

 

園生活の思い出を振り返り、お二人からお言葉をいただきました。

涙を流されている保護者の方々もたくさんいらっしゃいました。

 

いつも子どもたちに優しく温かい眼差しを注いでくださり、

感謝の気持ちでいっぱいでございます。

熊沢先生、京子先生のご健康とご多幸をお祈り申し上げますと共に

今後もさやま幼稚園を末永く見守っていただけますようお願い致します。

ありがとうございました

 

わたしたちの気持ちを和ませてくれる園庭の桜。

子どもたちにエールを送っているように感じました。

 

卒園児がランドセル姿を見せてくれました。

立派な姿を見て、熊沢先生も大変嬉しそうでした。