文庫幼稚園

BLOG

2020.01.20

2020年1月父母の会

家庭教育学級☆有名エンターテイメント集団マジックショー

本日は父母の会主催の『家庭教育学級』と閉級式が行われ、保護者の皆様がお集まりになりました。

閉級式では、小暮恒二先生より保護者の方々に向けた温かいメッセージをいただきました。

1年間、お世話になりまして誠にありがとうございました。

閉級式後、第4回目の家庭教育学級に移りました。

今回は、株式会社XK徒(ザクト)様を講師にお招きして、素晴らしいマジックの数々をご披露いただきました。

この日が来るのを、私たち職員もとても楽しみにしておりました。

いつもとは違って、赤じゅうたんの敷かれたホールに入室してきた子どもたち。

「これからどんなことが始まるのだろうと。」期待で胸を膨らませた様子でした。

はじめにトランプの手品を見せていただきましたが、「え~。」「なんで?」「どうして?」と早くも興奮した様子でした。

 

目を丸くして驚く子どもたち。子どもたちばかりではありません。

大人も歓声をあげるほど、ザクトさんの世界に入り込んでいきました。

突然、お札がたくさん増えたり、テーブルが宙に浮いたりなど・・・想像を超えた、あっと驚くマジックの数々・・・。そのマジックのお手伝いを、なんと子どもたちにさせていただけたのです。

たくさんの子どもたちが積極的に手を挙げて、お手伝い役を立候補していました。その中から、本日は3名の子どもたちが舞台に上がりました。

テーブルクロスの端を持つだけで、テーブルが宙に浮いてしまう!

瓶に入れたハンカチがノリノリで踊りだしてしまう!

テーブルに横たわっていると、自分の体がふわふわと浮いてしまう!

という魔法のような驚きのマジック。

保護者の方々やお友達、先生に見守られながら、子どもたちは見事大役を果たしました。会場から大きな拍手が沸き起こりました。

夢中になって、マジックの世界を楽しませていただいたひとときでした。

驚きと楽しさと感動の時間を、父母の会の参加された皆様と共有できたことがなによりでした。

本物のエンターテイメントショーが観られて、大変ありがたい機会でした。

父母の会役員の皆様には、家庭教育学級全4回大変お世話になりました。

ありがとうごいざいました。

終了後、ザクトのけい様には、保護者の皆様からの質問にお答えいただきました。

なぜ、マジシャンを目指されたのかなど、とても興味深い内容のお話をしていただきました。

本日、マジックを見せていただいたことで「ぼく、大きくなったらマジシャンになりたい!」という声が子どもたちからたくさん聞かれました。

株式会社XK徒(ザクト)の皆様、本日はありがとうございました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12