文庫幼稚園

BLOG

2018.02.27

園外保育

☆年少園外保育☆

昨日の年中さんに続き、今日は年少組が智光山動物公園へ園外保育に行きました。

ポカポカ陽気の中、嬉しそうにバスに乗り込んだ子どもたち。

「早くてんじくねずみさんに会いたいな♪」

ずっと楽しみにしていた動物園に出発です!

動物が見えてくると「いたよー!」「何の動物かな?」とわくわくしながら歩き、

「この動物知ってる!」「カピバラさん寝てるよ!」など教師や友達と話しながら

見ていきました。

鳥のコーナーでは、言葉を話せるインコに向かって「こんにちは!」と大きな声で

挨拶しましたが・・・残念ながら今日はお話してくれませんでした。

そして、子どもたちが何よりも楽しみにしていた

てんじくねずみとのふれあいの時間がやってきました。

抱っこの仕方を聞き、順番に抱っこをしていくと、「かわいいね♡」「温かい!」

と、とても嬉しそうでした。作品展で作ったこともあり、愛着が湧いたようです。

「ずっと抱っこしていたいな~♪」と言う子もいました。

ちょっぴりドキドキしていた子も、てんじくねずみを膝に乗せると

みるみるうちに笑顔に変わって撫でていました。

てんじくねずみとたくさん触れあった後は、おかえり橋を見ることができました!

「がんばれ!がんばれ!」子どもたちから出てきた声が広がり、

てんじくねずみがお家に帰れるようにみんなで応援をしました。

そして、最後のてんじくねずみが小屋に入ると、自然と拍手が沸き上がりました!

 

ふれあいの後はしっかり手を洗い、待ちに待ったお弁当です!

園外でお弁当を食べるのは2回目だったので、シートを敷くのが上手になってい

ました。「おいしいね!」やはり、公園で食べるお弁当は格別のようです☆

猿山の近くで食べたので、食べ終わった子は猿を見て待ちます。

「温泉があったよ!」「赤ちゃんの猿がいた!」と見つけて教えてくれました。

フラミンゴを真似て片足で立つなど、動物になりきって楽しむ姿もありました。

「あー楽しかった!」たくさんの動物を見て、大満足で帰ってきました。

年少最後の園外保育も楽しい思い出となりました♪

~年少担任~