文庫幼稚園

BLOG

2019.02.26

2019年2月園外保育

年少☆園外保育

本日年少組は、最後の思い出作りとして智光山こども動物園に園外保育に行ってきました。

朝からとてもウキウキしながら登園してきた子どもたち。

バスの中でも、「早く抱っこしたい!」「この動物園行ったことあるよ!」など

友達と嬉しそうに話す姿が見られました。

動物園に到着すると早く見たい気持ちがいっぱいで、足取り軽く歩いていました。

ミーアキャット、コツメカワウソ、カピバラなど、たくさんの動物たちを

目を輝かせながら、見入っていて、「こんにちはー!」

と動物に向かって挨拶するかわいい姿も!!

「おーい!さやま幼稚園だよー!」「ご飯食べてる!あっ!こっち見た!!」

と大興奮していました。

待ちに待ったふれあいの時間♪

テンジクネズミの抱き方の説明をうけ、いよいよ抱っこできることに!

「かわいい♡」「ふわふわしてる♡」「あったか~い♡」と

ちょっぴり緊張しながらも、嬉しそうに抱っこしていました。

嫌がる子が一人もいなかったことに驚きました。

ヤギの広場では、積極的にふれあいに行く姿もあり、優しくそっと撫でていました。

首からつけている名札を見て、名前を呼んでかかわる姿もありました。

怖がる子がほとんどいなかったことに驚きました。

テンジクネズミのお帰り橋。ふれあい広場から寝部屋まで橋の上を1列に並んで帰ります。

群れで生活しているため、一頭が動き出すとその後をついて歩く習性を利用しているそうです。

鐘の合図でスタートすると、次から次へと橋を渡っていく姿がとてもかわいらしく、

子どもたちは大興奮していました。

途中で止まってしまったり、落ちてしまったりすると

「がんばれー!」「負けるなー!」と応援にも熱が入ります。

無事に寝部屋に到着すると、「やったー!!」と大歓声が上がっていました。

お昼の時間に気温があがってきたので、お弁当も食べて帰ることができました。

猿山を見ながら食べるお弁当は、いつも以上に美味しかったようです♪

たくさんの動物を見たり、ふれあったりして、とても楽しい園外保育となりました。

 ~年少担任~