文庫幼稚園

BLOG

2018.09.06

自然

藍染め体験

秋の七草のひとつである『萩の花』が咲き出しています。

万葉集に多く詠まれているそうで、昔から親しまれているお花のひとつです。

今日も子どもたちは元気いっぱいに戸外遊びを楽しみました。

夏休み明けの生活のリズムも、少しずつ取り戻しています。

一段とたくましくなった子どもたち。遊びの中でいろいろなことを試したり、

チャレンジしたりしています。頼もしいです。

園長の話にあったように自分なりのめあてに向かって、コツコツと頑張ってほし

と思います。

さて、今日、明日と年長さんは藍染め体験をしています。

自分たちが種から育ててきた藍を収穫し、葉っぱを摘み取ります。

葉っぱははさみを使って細かくしていきます。

有志のお母さま方がお手伝いにきていただきました。お忙しい中、本当に

ありがとうございました。細かくなった葉っぱは、ネットの中に入れ、水

の中で揉みだしをします。

「1,2,3,4・・・」「緑になってきたよ!」と水に色がついていく

のを楽しんでいました。

この工程が時間のかかる作業です。藍のいい色が出るように、念入りに行

っていきました。

今日はぞうさん、きりんさんの女の子が行いました。

揉みだした染め液の中に一人一人のTシャツを浸していきました。

「もう色ついたかな?」「お弁当食べたらパタパタするんでしょ?」と

出来上がりを楽しみにしながらお弁当を食べました。

午後、浸していたTシャツを取り出してみると・・・はじめは緑色です。

空気に触れさせていくと、徐々に色が変化してきました。

この変化の過程が藍染めの醍醐味だと思います。

素敵な模様の手作りTシャツが完成しました。

とても素敵です。明日は男の子が頑張ります。楽しみですね。